このページのトップに戻る

【ハイレベルコラム】第19回「年始はエロゲをしよう!」担当:憲yuki

あっぷりけ、暁WORKSのディレクター憲yukiです。

新年あけましておめでとうございます!

皆様はどんな年始を過ごされましたか?
僕はおもちを食べて初詣に行いきました!(普通)

売上等は神頼みしたことはないのですが、怪我、事故、病気等は普段から気をつけていても、避けようがないこともありますので、毎年めっちゃ神頼みしています。

開発スタッフはじめ、関係各位、ユーザーの皆さんも、怪我なく事故なく、健康に今年1年を過ごせますように。

……。

……そういえば、願い事って言わないほうがいいんでしたっけ(´・ω・`)

まぁいいか(`・ω・´)

 
皆様のおかげで『クロスコンチェルト』の開発や、まだ告知できないことでも色々お仕事させていただける予定ですので、充実した1年になりそうで自分としても楽しみです。

あと最近エロゲをあまりプレイできていないので、今年はもっとエロゲを沢山プレイしたいなと思います。

そんな僕にばっちりなキャンペーンがDMM.comさんにて開催中!

電撃姫さんの記事でも書かれていますがDMM.comさんが「イく年クる年 最大50%OFFセール 第二弾」を開催されています。
※リンク先は18禁サイトになります。

1月22日(月)17時までのキャンペーンだそうですのでお見逃しなく!

あっぷりけと暁WORKSの作品でも対象作品がありますのでご紹介します!

まずあっぷりけから。

 
『見上げた空におちていく』

http://dlsoft.dmm.co.jp/detail/akbs_0009/
※リンク先は18禁サイトになります。

あっぷりけの初作品!
ジャンルは「成長と絆を描く純愛ADV」ですが開発初期段階ではジャンルを「ほのぼの純愛ミステリー」と言っていました。

社内でどんなゲームか全然わからないと言われてました(´;ω;`)
ほのぼのとした日常を送りながらも徐々に謎や知らざる絆が明らかになっていく作品です!

 
『コンチェルトノート』

http://dlsoft.dmm.co.jp/detail/akbs_0010/
※リンク先は18禁サイトになります。

クラウドファンディングプロジェクトの『クロスコンチェルト』と同じ世界観の作品です。
『コンチェルトノート』が未プレイでも『クロスコンチェルト』は楽しめることを重視して制作していますが、プレイ済ですとまた違った楽しさがあると思います。

『クロスコンチェルト』をプレイした後に『コンチェルトノート』をプレイするのも有りな気もします!

学園伝奇ストーリーで、登場人物それぞれの役割によって最終ルートへと辿り着くという内容なので、この作品からフローチャートを搭載することになりました。

 
『黄昏のシンセミア』

http://dlsoft.dmm.co.jp/detail/akbs_0026/
※リンク先は18禁サイトになります。

よくあっぷりけ代表作としてあげていただいているタイトルで2010年の萌えゲーアワード大賞金賞を受賞いたしました。

『コンチェルトノート』で評価していただいた伝奇要素をより強くした作品で舞台も学園ではなく小さな田舎の村という当時としても挑戦的な作品でした。

未プレイの方やタイトルを知らないという方も「ジャコスいくの!?」というのは知っている、という謎な現象も起こりました。

このあたりであっぷりけといえば赤いシーンという印象も生まれましたが、「ジャコスいくの!?」でもわかるように結構田舎らしい日常のシーンもご好評いただいた作品です。

とにかくボリュームのある作品なんで、すべてが収束していく最終ルートのエクスタシー(?)はすごいですよ!

また魔妹の虜になってしまう方が多数!

 
『黄昏の先にのぼる明日-あっぷりけFanDisc-』
http://dlsoft.dmm.co.jp/detail/akbs_0032/
※リンク先は18禁サイトになります。

これまでの感謝を一つのパッケージに込めて、をコンセプトにした『見上げた空におちていく』『コンチェルトノート』『黄昏のシンセミア』の3作品合同ファンディスクです。

それぞれの作品でやりきったところはありますので、アフターストーリーの他にもユーザーの皆様からの投稿コーナーをゲーム化したものや、オンライン麻雀なども搭載したお祭りディスクになっています。

僕はこの時麻雀のルールを覚えました。

当時大会や交流としてユーザーの皆様とも対戦したのですが、激弱すぎて恥ずかしかったです。

現在ではオンラインサービスは終了させていただいていますが、CPU対戦は可能となっています。

 
『Re:birth colony -Lost azurite- 』

http://dlsoft.dmm.co.jp/detail/akbs_0025/
※リンク先は18禁サイトになります。

タイトル名は『リバースコロニーロストアズライト』です。
『シンソウノイズ』が大好評で3月に新作『あくまで、これは~の物語』を発売されるAzuriteさんのブランド名のきっかけにもなったとかならなかったとか。

こちらは制作チームがこれまでとは違いますが、とても大好評の作品でSFファンタジーな作品で、これまでのあっぷりけ作品を楽しんでいただけた方ならこちらも同様に楽しんでいただけると思います。

SF作品は世界観が理解しづらかったりすると物語に入り込めない、みたいなこともありますが、「アズライトの3分間ハッキング」という、好きな時にいつでも任意に見ることができる用語コーナーを用意して、あえてゆるく解説するというのもご好評いただけてました!

メインヒロインのアズライトにメロメロになってしまう方多数!

続きまして暁WORKS。

 
『僕がサダメ 君には翼を。』

http://dlsoft.dmm.co.jp/detail/akbs_0091/
※リンク先は18禁サイトになります。

暁WORKS記念すべき第一弾タイトルです!
実はこちらは僕が開発に携わっていなくて作品についてあまり詳しくないのですが、主題歌のあまりのカッコ良さにデータを貰って一時期ずっと聴いていました。

 
『るいは智を呼ぶ -フルボイスエディション- 』

http://dlsoft.dmm.co.jp/detail/akbs_0014/
※リンク先は18禁サイトになります。

ヒロインそれぞれに問題があり、世間に馴染めない少女たちが同盟を組んで運命に立ち向かう伝奇ストーリーです。

女の子だけの同盟と見せかけて主人公は男です。
いわゆる男の娘ですね!

主人公が一番の人気になったのですが最初のパッケージではボイスがありませんでした。

その後、ご好評いただけたこともあり、ファンディスクでは主人公のボイスが有りになり、あわせて本編にも主人公にボイスがつくパッチを無料配布して、パッケージとしても再発売しました。

こちらはそのフルボイスバージョンになっていますので、インストールするだけで主人公もフルボイスです!

 
『るいは智を呼ぶファンディスク -明日のむこうに視える風-』

http://dlsoft.dmm.co.jp/detail/akbs_0031/
※リンク先は18禁サイトになります。

『るいは智を呼ぶ』では攻略できなかったサブヒロインのルートを追加して『るいは智を呼ぶ』の世界観と物語をより広げたファンディスクの枠をちょっと超えた、続編にも近いような位置づけのファンディスクになっています。

作中に大人気の主人公、智のボーカル曲もあったりしますので、『るいは智を呼ぶ』を好きになっていただいた方はぜひこちらもプレイしていただけると嬉しいです!

『るいは智を呼ぶ』はことして10周年ということもありますので、何か受注生産とかで記念グッズ出せるといいかなぁなんて思ってます。

 
『コミュ- 黒い竜と優しい王国-』

http://dlsoft.dmm.co.jp/detail/akbs_0012/
※リンク先は18禁サイトになります。

生きるという利害の一致で結びつけられた5人一組のチームが戦う伝奇バトルストーリーです。

熱いバトル有り、切ないシーン有り、エッチ有です!

僕が仕事以外の時間で一番プレイしたのはこの作品かもしれません!
なんか時々あのシーンみたいなーってなる作品なんですよね。

またボーカル曲にも力を入れていて、現在までを含めて過去最大の楽曲数になっています!

 
『‘&’-空の向こうで咲きますように-』

http://dlsoft.dmm.co.jp/detail/akbs_0021/
※リンク先は18禁サイトになります。

子供の頃はちょっとしたお出かけが大冒険に思えたり、不思議な現象に思えたりしたようなことをもう一度体験するような冒険活劇ストーリーです。

幼馴染との再会から小さな子供の頃の冒険のように、街を探索していくのですが、今回はキャラクターたちがみんな幼馴染ということもあって、和やかな雰囲気でのストーリー展開が多く、これまでの暁WORKS作品とは違ってライトな感じですので、その分入り込みやすいかなと思います。

ちなみに梨子、梨乃、梨未という超絶可愛い女の子たちは必見です。

おかげで僕はその時からしばらくロリリンと呼ばれるようになりました。

この作品では一部アニメーションを採用したのですが、はじめてアニメモーションやカメラワークを考えるのはめっちゃ楽しかったです。

 
『Bradyon Veda』

http://dlsoft.dmm.co.jp/detail/akbs_0041/
※リンク先は18禁サイトになります。

魔法のような兵器を手にした壮絶な戦いを描いたスタイリッシュSFバトルストーリーです。

開発中はやたらスタイリッシュという言葉を使っていたような気がします。

独自の世界設定やバトルシーンはとにかくカッコよく入り込めば込むほど魅力が増す作品ですので、大規模なSFバトルが好きな方はぜひ一度プレイしてみてほしいです!

 
いかがでしょうか?
何かちょっとでも気になるタイトルありましたら、
すべて50%OFF
になっていますので、この機会をお見逃しなくチェックしてみてくださいね!(`・ω・´)

 

以前の記事はこちら。
■第1回「ライトビジュアルノベルについて」担当:憲yuki
■第2回「パッケージにこだわる10の理由」担当:憲yuki
■第3回「続・ライトビジュアルノベルについて」担当:憲yuki
■第4回「10周年ライブイベントやります!」担当:憲yuki
■第5回「マスターアップ間近!」担当:憲yuki
■第6回「『スイセイギンカ』体験版公開中!」担当:憲yuki
■第7回「5分でわかる!『スイセイギンカ』」担当:憲yuki
■第8回「電撃姫連動企画で限定ボイスを聴こう」担当:憲yuki
■第9回「『スイセイギンカ』レビュー掲載します!」担当:憲yuki
■第10回「エロゲディレクターになる方法」担当:憲yuki/a>
■第11回「マチ☆アソビに行って来た!」担当:憲yuki
■第12回「クラウドファンディングにつきまして!」担当:憲yuki
■第13回「あっぷりけCF近日開始いたします」担当:憲yuki
■第14回「あっぷりけCF開始いたしました!」担当:憲yuki
■第15回「あっぷりけCFご報告!」担当:憲yuki
■第16回「マチ★アソビに参加しました!」担当:憲yuki
■第17回「あっぷりけCF最終結果のご報告!」担当:憲yuki
■第18回「5分でわかる!『ハロー・レディ!』」担当:憲yuki

関連リンク
あっぷりけ
暁WORKS
あっぷりけ&暁WORKSTwitterアカウント
関連記事