このページのトップに戻る

同棲下宿と飛行機ロマン『ひとつ屋根の、ツバサの下で』

学生もプロペラ機に乗ることができる制度が始まり、約70年。飛行機は地方や島嶼部では、通勤・通学の足として欠かせないものとなっていた。 ある夏の始まり、祖母の住む田舎で療養していた主人公・佐々木隼一は、復学とともに学生下宿 […]

» 続きを読む